エレクトロニック・ミュージック・スタジオ

グーグルのロゴ:エレクトロニック・ミュージック・スタジオ(Electronic Music Studios)
グーグルのロゴ
Googleのロゴに突然現れたのは、エレクトロニック・ミュージック・スタジオ(Electronic Music Studios)。2017年10月18日はスタジオができて66周年。これを記念して掲載されたらしい。

「エレクトリック Electric」ではなく「エレクトロニック Electronic」であることに 注!。つまり、電気ではなく電子だ。
電子楽器は、電子回路で波形を作って、音質を調整してアウトプットするという機器。

エレクトロニック・ミュージック・スタジオはモダンな音楽スタジオとして、世界中のミュージシャンやプロデューサーの集まる場所となり、シンセサイザーを使った電子音楽を生み出すようになった。

デジタル技術はとんでもない速さで進歩しているので、現在では子供のおもちゃにも使われている。
ちなみに、エレキギターなんかは弦の振動を増幅させているのでエレクトリックだね。


自動車 プラモデルの箱絵

プラスチックモデルのパッケージに描かれているイラストで世界のクルマを紹介。

フィアット 500
フィアット 500

MG TC
エムジー TC (1949年)

プジョー (ラリー仕様)
プジョー (ラリー仕様)

free clip art

free clip art : grayscale images.グレースケール(白黒画像)の楽器
free clip art
grayscale images. free clip art you can use for anything you like.
グレースケール(白黒画像)の楽器を集めています。

モバイル対応の楽器図鑑

モバイル対応 弦楽器の図鑑
モバイル対応 楽器図鑑
携帯端末(モバイル)でも、しっかりと読み取れる楽器図鑑。弦楽器のイラストと解説。

プラモデルのパッケージ / クルマのイラスト

プラモデルのパッケージ イラスト 箱絵
パッケージのイラスト
自動車のプラモデル。
各キットメーカーのパッケージの写真やイラスト(箱絵)をスキャンさせていただきました。

切手風の画像に


Make Stamp

画像の輪郭をギザギザにして切手風に加工してくれる。日付スタンプも押される。

楽器のイラスト

楽器のイラスト
楽器のイラスト
オンドマルトノ、キハーダ、カンテレ、ダンバウ、チンバッソ・・・・・などなど。普段あまり聞き覚えのない楽器が多数。ダウンロードは自由で、加工(サイズ変更・トリミング・色調変更)して使ってもよし。大きめのサイズなので、Web上で使用するにはちょっと大きい。小さくしてからjpg形式で保存して使うといいだろう。

落書きで画像検索

retrievrretrievr
描画ボックス内にマウスで適当に落書きをすると、その落書きに似た画像が表示される。今ひとつ精度は高くないけれども、まあ、それらしい画像が検索されてる。


パソコンで印鑑

パソコンで印鑑画像ハンコの画像を作ることができるグラフィックツール。

基本的には文字をキーボードから入力すれば出来上がるが、色・大きさ・縁取りのデザイン・書体などを自由に変更できる。また、実際に印鑑を押したようにするために斜めにすることも可能だ。
ツールをダウンロードして使うが、とても軽いソフトなので大掛かりなグラフィックソフトのようにパソコンに負担をかけることはない。



継ぎ目のないタイルパターン

Tiled backgrounds designer

タイル状の背景用壁紙。並べて表示しても継ぎ目がない小さな画像を作るWebサービス。80種類ほどの基本パターンが予め用意されており、パターンそのものを変形したり、色を変えたりできるため独自の素材を作ることができる。
ユーザー登録等は一切不要で、自分のPCにも簡単に保存できる。

楽器のアイコン

楽器の画像 楽器のアイコン弦楽器、金管楽器、木管楽器、打楽器、鍵盤楽器にそれぞれ分類されたアイコン集。

ちょっと大きめのアイコン(64X64ピクセル)で、画像形式は *.gif だ。コピーしてホームページに利用できるが、背景は白色もしくは淡い色合いでの使用が適切。


NAVER フォトエディター

NAVERフォトエディター検索サイト「NAVER」が提供している写真編集ソフト。

ブラウザ上で操作できるのでインストールしなくても使える。使用者として登録する必要はなく、インターネットで呼び出しさえすれば自分のパソコン内の画像をすぐに加工できる。完全日本語なのもありがたい。
絵を描くのには適していないがデジカメの写真を補正するのにはもってこいのソフトだ。動作速度が早くて軽快なのは特筆もの。インストールして使う市販のグラフィックソフト比べても遜色ないレスポンス。
写真編集するのが目的なら市販のソフトを買う必要はまったくないね。補正した画像は、汎用フォーマットの Jpgpng、およびNAVERフォトエディター専用の npe での保存が可能。

ブラウザで パソコンに入っているフォントを見る

my fontbookマイ フォントブックmy Fontbookはパソコンに入っているフォントを一覧表示するWebアプリ。ブラウザで見ることができるので専用のソフトをインストールする必要がない。日本語フォントもきっちりと表示してくれる(英文フォントで日本語表示ができないのはあたりまえだが)。



ブラウザで本格的なペイント


プログラムをインストールしないで、ここまでできるなんてビックリだ。Webブラウザ上で動作する。
SUMO Paintは「相撲ペイント」なんだけれども、なぜ相撲なのかは不思議。

ビックリも不思議も深く考えず、便利なものは使ってみよう。
ブラウザで動くのに軽やかだし、高機能だ。数万円もする市販ソフトと同レベル。
ただ、この高機能がくせ者。色々な作業ができるわけだが、高機能がどんな場合でもいいわけではない。使いこなすためにはある程度のペイントソフトの知識が必要だし、本気で取り組まなければ「高機能」がゆえに使うのが億劫になってしまうかもしれない。

ドット絵(楽器)

楽器 アイコン

ジャグバンドというのがある。ジャズではなくジャグだ。
ジャグ(Jug)というのは、ビンのこと。水差しですな。
ビンの口に息を吹く込むとボゥという音がする。
こんなので音楽を楽しんだのが1900年頃のアメリカ南部の黒人たち。洗濯用のタライとか洗濯板なんかも使う。ちょっと小金をはたいて音階の出る楽器・・・バンジョーだ。

今では、白人もジャグバンドをやってる。マイナーな存在かもれないけれど日本でもジャグバンドで活動されている人達がいる。
金が無いので代替楽器でなければ手に入らなかった当時の黒人とは違って何でも手に入る時代ではあるが、あえて日常品を楽器にしてしまう。

ジャグバンドで使う楽器を
16ドットのアイコン
にしてみた


ドット絵


32ドット ドット絵
ドット絵は点で描いていく。
見ての通り輪郭はギザギザだ。ギザギザが嫌いな方もおられるし、このギザギザこそがドット絵の醍醐味じゃないっすか!という「こだわりドット職人」もおられる。
彩彩畑のアイコン作成ツールは、そんなに高等なワザが使えるわけではない。
初めてドット絵を描くならこれくらいが手頃だろう。
16ドットで作るとファビコン


16ドットで作るとファビコンになる。
ファビコンは、ホームページを表示した時にブラウザのURLの窓や、タブブラウザならタイトルの左にある小さなアイコンのこと。

ブラウザでLOGO作成

LOGO GENERADOR
ロゴ作成....WEBページ上でロゴを作ることができる
ブラウザ上で ロゴ を作ることができる
使い方はとても単純だ。

  • Textoの小窓に文字を入力する
  • 好きなデザインの ラジオボタン を選ぶ
  • [GENERAR]のボタンを押すと別ウィンドウに表示される
あとは、ウィンドウに生成されたロゴ画像を右クリックして、お使いのパソコンに取り込む。生成されるロゴのファイルフォーマットは bmp だ。
使い方が単純明快なだけに”高等なワザ”は持ち合わせていない。テキストは日本語が利用できなかったり、ロゴそのものの大きさも変更できないようだけど、おしゃれなデザインだし、遊びがてら作ってみるのもいいかも。
このサイトはフランスから・・・かな
お気づきの通り LOGO BENERADOR とか Texto というのは英語じゃない。どうもフランス語のよう。(間違ってたらごめんなさい。間違っても大勢に影響はないだろうけど。)

動物の画像素材

マンドリル
マンドリル
マンドリル
アフリカに棲むサル。オナガザル科だが尾は長くない。
顔つきからすると地の滴るような生肉が好きなように見えるが実際は他の獣を襲ったりはしないようだ。果実や昆虫、ときにはヘビなどを食べる。
manはヒトで、drillはヒヒ。漢字で書くと「人間狒狒」になり、妖怪七変化のようでちょっと怖い。
(mandrill)


GIFアニメ

Webページで手軽にアニメーションを表示させたいのならGIFアニメです。

フリーソフトのGiamを使えば簡単。
複数の画像を用意しておいて、Giamにドラッグ&ドロップして、ウェイト(切り替えの早さ)を調整すれば、もうGIFアニメはできあがっているという簡単操作。

心得ておくことは透過色使用の場合。透過色を使う場合は、透過部分が消去されずに次々と画像を表示するのでおかしな表示になる場合があります。こんな時は「消去手段:背景色でつぶす」で解決します。
giam Giamでアニメーション


ファビコン(favicon)

あなたが見ているブラウザ上部にあるURLの表示窓(アドレスバー)にはこのような表記がされているに違いありません。

ファビコン
先頭についている柿色の小さな画像が「ファビコン」です。
もともとFavorite icon(お気に入りのアイコン)が略されてfaviconになったのだけれども、英語圏ではファブアイコンってな具合に発音するらしい。aの発音とvの発音はカタカナでは表せないでしょうけど、まあ雰囲気だけ。

このページはブログなのでファビコンを変更できない(たぶん)のですが、自分でWebサイトを発信している方は個性的にアピールするにはとても有効な手段になるでしょう。
とはいうものの、インターネットエクスプローラやファイアフォックスなどのWebブラウザは独自に進化しているところがあって、ファビコンのように文書記述とは直接関係ない部分は特に互換性がなくなってしまったようです。

私事ですが、ついこの間インターネットエクスプローラを「7」にアップロードしたところ、何のことはない、今まで現れたり無くなったりしていたファビコンはしっかりと表示されるようになりました。
画像ファイルはフォーマットが色々とあって、なかなかすっきりしないのだけれど、結論として256以下の色数で 16ドットで ico形式ならインターネットエクスプローラやファイアフォックスでもちゃんと表示ます。

ともあれ、あれこれ融通のきかない(きかなかった)ファビコンですが、独特の仕様を持つ画像フォーマットかというと、さにあらず。デスクトップに表示されているアイコンと同じ。その縦横16ドット版がファビコンなわけです。
ico形式は内部に複数の大きさ(縦横のサイズ)を持つことができるのですが、ここはピュアなフォーマットということで1個しか持っていないファイルを使えば間違いありません。

たかがアイコン、たかがファビコンといえど 多機能すぎるツールは手に負えない。
ファビコンを作ろうとしたら、ファビコンしか作れないという単純明快なグラフィックツールを紹介します。

ファビコンを作ることができるグラフィックツール


操作は簡単です。ico形式だけでなくgif形式でも保存できますので、ページ内部のアイコンも作ることができます。


テクスチャ

テクスチャ 背景素材下の枠内の背景は、左の80X80ピクセルのテクスチャ画像を並べてあります。






文字の背景に使えるテクスチャ

派手な色合いの背景を使うと文字が読みづらくなります。彩度が低く、淡い色合いのテクスチャを使いましょう。彩度というのは「赤い」「青い」などの色味の強さです。白や灰色は無彩色といって色味がありません。まったく持って色味がないと物足りない場合は、ほんのりと色づけするとケバくなりません。
そして、「明るい色には黒っぽい文字」「暗い色には白っぽい文字」という具合にコントラストがはっきりしていることが鉄則のようです。

Webページでの背景には繰り返し並べても継ぎ目のない小さな画像を使うことが多いのですが、小さな画像を一つだけ見ていても全体像が分かりづらいです。並べてみると案外とコントラストがはっきりしすぎていたり、思いのほか色合いが濃かったりします。
1個の基画像を見た時、テクスチャの模様がぼんやりとしていて不明瞭であっても大きく並べて配置するとちょうど良い風合いになるものです。


画像素材を作る

ホームページやブログに小さな画像素材


画像素材

リストマーク・飾り罫線・ライン・行頭マーク・アイコン・はんこ画像・・・こんなミニ画像をすぐに欲しい。すぐに作りたい。

動物の画像素材

オオ アリクイの画像 オオアリクイ

オオアリクイは英語でジャイアント・アント・イーターだから、名前の付け方はそのまんまだ。
南米大陸に生息。名前のとおりアリやシロアリを喰う 。成獣の体重は30kgほど。
(大蟻食/giant ant eater)


ブラウザでアバター

アバター メーカーアバターメーカー
(マンガ調もある)

マンガ調

輪郭・髪型・顔のパーツを組み合わせてアバターができる。
ブラウザ上で動作し作成できるのでソフトをインストールする必要はない。会員登録などの面倒な手続きも必要ないので、すぐに始められるのがいい。
ちょっとリアルな劇画調とマンガチックなパターンがあるので好きなほうを選ぼう。

保存は[合成]ボタンを押すと作成画像が表示されるボックスがポップアップするのでマウスで右クリックして保存を選ぶ。画像形式は png / jpg / gif から選択可能だ。


Webページを飾りましょう


小さな画像作成専用のグラフィックツール 小さな画像を作るのに特化したグラフィックツール「彩彩畑」。
作りたい画像を指定すると専用の画面(ウィンドウ)が開くというのがこのソフトの特徴。専用画面だから余計な操作メニューがないので使いやすい。 作るというより、でき上がるという感覚かな。
カワイイのが大好きな女性にも人気がある。ブログやホームページにお似合いの画像アイテムを作ろう。

写真を写真みたいに

polaroize
Polaroize
はデジカメなどの写真に枠と影をつけてWebで簡単に行えるサービス。
銀塩フィルムを現像した感じ、いやプリンタで紙に印刷しても見た目は同じかもしれんが・・・。大きな画像は縮小してくれるし、ちょっとカールしてたりで小細工もぬかりない。

色んなことができるわけではないが[参照]ボタンで画像を選んで[upload]するだけでいい。簡単だ。ほんの少し待つとブラウザ上に加工後の画像ができ上がるので、マウス右クリックでメニューを選んで保存しよう。
加工後の写真


無料素材のサイト

写真 イラスト アイコン
コピーして無料で利用できる画像サイト。
写真イラストアイコンのカテゴリーに分かれた一覧メニューでサイトを表示することができる。


高機能すぎない(?)ペイントソフト

ペイント ドット ネット

Paint.NET
Windowsについている「MSペイント」はいわゆるお絵かきソフトでレタッチ機能はついていない。
アドビの「Photoshop」は高機能すぎてどこから手をつけたらいいのかわからない。
こんな方にはちょうどいいグラフィックソフトがある。
Paint.NET」は「MSペイント」より十分に高機能で、「Photoshop」のように高機能すぎない画像編集ソフトだ。
画像編集のソフトとしては中クラスの機能がある。動作は軽く扱いやすい。重ねて描画できるレイヤーや範囲選択機能はしっかりと実装されている。あまり豊富とはいえないが一般的には十分なエフェクトもある。ペイント系のソフトではあるが、 画像作成よりデジカメのレタッチとして使うほうがよさそうだ。

無料でダウンロードできる。初期設定は英文表記だが言語をJapaneseにすればいい。ちゃんと日本語で表示される。

彩彩画楽[パソコンで画像を楽しく使う]

ブラウザで文字を画像に変換する ・・・ 面白いフォントが使える

フォント・イメージ・ジェネレータ Font image generator

英語表記であるが、まあ だいたいは分かる。

  • [Font Type][Font Name] フォント(書体の種類)を指定する
  • [Font color] フォントの色を指定する
  • [Bkgnd color] 背景の色
  • [Font Size]フ ォントの大きさ
  • [Padding] 画像全体の外枠に対する文字の隙間
  • [Image width] 画像全体のよこ幅(入力しなければ自動)
  • [Image height] 画像全体のたて幅(入力しなければ自動)
  • [Vertical align] たて(上下)の位置
  • [Horiz align] よこ(左右)の位置
  • [File Format] 保存時の画像形式(JPG・PNG・GIFから選択できるが よく分からない場合はGIFを選んでおけばいい)
自分のPCに保存するのは、表示されている画像上で右クリックしてコピーまたは保存を行う。

日本のサイトではないので、日本語に対応していないのはしょうがないのだけれども、フォントの種類が豊富で楽しい。
PCにインストールされていないフォントが利用可能なのはWebツールの利点。フォントの形状は名前だけでは判断がつかない場合が多いが[FONT FINDER]で見本一覧を見ながら指定すればいい。

下がツールボタン
[CREATE]を押すと画像が生成される
フォント イメージ ジェネレータ

ためしに作ったのがこれ。
Saisai-Garaku

ブラウザでバナーを作る

無料バナー作成工房
Yahoo!ブログに使われている60x17ピクセルの名前アイコン。
ためしに一個作ってみた
彩彩画楽 こんな感じ。
ブラウザ上で何度でもやり直すことができるので、気に入った作品ができたら自分のPCに保存する。

ほかにリンク用として標準的に使われている88x31や、ブログのタイトルとしての468x60など。
さらに運転免許証をまねた「ブログ免許証」なるものまであったりする。

色合いや模様など種類は豊富で、こんなにあるのかと思いきや、まだまだ増やしているようだ。
ログインやID取得など面倒くさい手続きがいらないのもいい。

ブラウザでドットアニメ


PIXELART
ピクセラート


画像を複数のコマごとに作成すると、アニメに変換してくれる
作成はマウスを使い、ドット単位で一個一個ポツポツと書き加えていく方法。
別のコマにコピー、ドット画像の移動などができるので、1コマを基本に次の別コマを作っていくといい。

初期設定のカラーパレットは赤・青・緑・黒など原色っぽいので、微妙な色合いをだしたいならフルカラーから好きな色を選にで自分流カラーパレットを作っておこう。
出来上がった作品は、まずPIXELARTのサイトに[投稿]。あとで、自分のPCに保存することができる。
保存はGif形式で縦横サイズも指定可能だ。

使い方が記載されているので参考にすればよいが、マニュアルに頼らなくても簡単気軽にドットアニメができ上がるだろう。


彩彩画楽 [パソコンで画像を楽しく使う]


背景を文字で埋めつくす

文字で背景
シームレステキストを作る



キーボードから文字を入力するだけで、上下左右がつながったシームレスな背景画像ができるグラフィックツール。
背景色・文字色はクリック一発で瞬時に変更可能。
gif / jpg / bmp での保存が可能。
Webページに表示するなら gifかjpgで保存すればいい。

グラフィックツール
シームレステキストの背景画像を作るツール

ブラウザで似顔絵ができる


似顔絵イラストメーカー
輪郭・目・鼻・口・髪型など、いろいろなパーツがある(左の図参照)。
色合いの調整や位置なども微調整できるので思いどおりの似顔絵を作ることができる。
出来上がった似顔絵画像は画像上で右クリックして保存を選ぶ。名前をつけて保存すれば完了。

保存はGIF形式で透過処理されているので、どんな色合いの背景にはりつけても違和感がない。
プロフィールなどのWeb上に自分の写真を載せるには抵抗があるが似顔絵ならいい。
こんな感じです作った似顔絵
下記は似顔絵イラストメーカーのサイトより引用
似顔絵イラストメーカーは、ブログやSNSで使用できるプロフィールアイコンを無料で提供するサービスです。できた画像をパソコンに保存する場合は、画像を右クリックして「名前をつけて画像を保存」を選択してください。
彩彩画楽

ブラウザ上で壁紙を作る

bgMaker
bgMakerはソフトをインストールすることなくブラウザで操作できる。名前のとおりバックグラウンドを作るツールだ。
bgmaker
[Fill]ボタンで 前面塗りつぶし。
[Save]ボタンで 自分のPCに画像を保存(保存形式はPNG) 。
[Gallery]ボタンで bgmakerで作った画像が順番に保存されているのを見ることができる。
ちなみに「83902番」は私が試しに作ってみたもの。
[-][+]ボタンは 横方向・縦方向にマス目を増やしたり減らしたりできる。

色選択はカラーパレット上でマウスクリックする。16進数の数値入力でも可能だが厳密に色指定したい場合に使えばよい。あとは、ぽつぽつとドットごとにマウスで描きこむ。

そんなにいろんな事ができるわけではないけれど、ブラウザにいつでも呼び出して遊び気分で操作できるのがいい。そういえばWindows3.1にはこんな背景画像を作る機能が実装されていたことを思い出す。

注意が必要なのは、ブラウザの画面を切り替えてもとに戻すと作りかけの作品が真っ白になってしまうこと。最後までやり遂げて、Save(保存)してからブラウザ画面を切り替えよう。